ホーム
会社概要
鋳鉄鋳物品
プレス品
機械加工品


社 名   :木本機器工業株式会社

所在地      :〒879-7501 大分市大字竹中404-1

代表者   :代表取締役社長  木本 誠

創 業   :明治38年(1905年)7月

資本金      :1,000万円

事業内容 :鋳鉄鋳物(FC、FCD)
       :プレス品(ステンレス、軟鋼板)
       :機械加工(銅合金品、ステンレス品、鋳鉄品、軟鋼板品)

従業員      :50名

主要取引先:(1)TOTO株式会社
        (2)TOTOグループ企業
        (3)株式会社戸畑ターレット工作所
        (4)日立金属商事株式会社        
                  (5)株式会社タイガー
        (6)株式会社長府製作所
        (7)株式会社カクダイ
        (8)大分市管工事協同組合

取引銀行 :大分銀行(西支店)   
                

主要設備 :高周波るつぼ形誘導炉(溶解量1トン)             2基
                 高圧自動造型機(枠サイズ500×600×200/200)          1式  
               シェル中子成型機                                                     3台
                 250tonプレス                                                          1台
                 150tonトランスファープレス                                       1台
                 150tonプレス                                                          1台                        
                 真空洗浄乾燥機                                                       1基
                 羽布研磨機                                                              7台            
                 水車形バルブ加工専用機                    4台
                 NC旋盤                                                                 10台
                 マシニングセンター                                                    8台

社是   「八風吹不動」

会社沿革

・明治38年7月  木本鉄工所として、大分市生石(西大分)で創業。主として鉱山機械・
 (1905年)    船舶用の鋳物部品を製造する。

・昭和13年4月  TOTO株式会社殿と取引を開始する。

・昭和36年6月  工場拡張の為、市内津留へ工場を移転する。

・昭和45年7月  工場拡張の為、現在地の竹中に移転する。

・昭和49年12月 軟鋼板への対応として150トンプレスを導入する。

・昭和50年12月 東陶機器株式会社殿よりステンレス製の紙巻器を受注して、プレス
           ~組立工程までの一貫生産体制を確立する。

・昭和55年4月  会社名を現在の木本機器工業株式会社に改名する。

・昭和61年2月  「大分県地域産業推奨賞」を受賞し大分県知事の当社訪問を受ける。

・平成元年2月  銅合金の機械加工分野に進出する為、マシニングセンターを導入、
           以降MC系8台、エルボ加工機4台、NC旋盤4台の体制を作る。

・平成2年8月      鋳造製品の顧客拡大及び多様化、価格及び品質競争に対応する為、
           高圧自動造型機及び鋳込ラインを導入する。

・平成3年11月  鋳物溶解の安定創業、多品種の製造、及び環境整備に対応する為、
           キューポラ炉より高周波誘導炉に切替え、操業を開始する。

・平成15年1月  本田二輪エンジン用鋳鉄スリーブ(FC250)の素材納入を開始する。
           さらに同年10月より機械加工、耐圧検査して納入開始する。

・平成17年6月   TIG、MIG溶接機を導入して、溶接加工分野を開始する。

・平成17年7月      創立100周年を迎える。
 (2005年)

・平成17年9月  難燃性マグネシウム合金の砂型鋳造技術の開発に着手。鉄道車両用
           部材の共同研究開発を進める。(地域コンソ事業)

・平成18年2月  大分県自動車関連企業会に参加する。

・平成18年7月     アイダ製250トンプレス(門型フレーム)を導入する。

・平成18年7月  自動車部品製造の基盤づくりのため、日産自動車九州工場NPW推進部殿
           より同年12月まで現場改善指導を受ける。

・平成19年5月  環境整備に対応する為、真空乾燥洗浄機を導入する。

・平成24年11月   鋳鉄鋳物のバリ取り加工効率化の為、バリンダーを導入する。

案内地図    【JRの場合】 豊肥線 中判田駅よりタクシーで約5分
                     【車の場合】 大分自動車道 大分米良ICより約10分 




 
Top